シンプル イズ ベスト!ドイツのリサイクルはとても簡単

ドイツのごみ出し方法はいたって簡単

基本4つのシンプルなごみの仕訳方法

ドイツには日本の様に一定の曜日に一定のごみしか出せないという決まりはありません。地域によって異なりますがそれぞれの居住地域近くに設置されたトンネという大きなコンテナにいつでも好きな時に捨てに行く事が出来ます。そのトンネの色分け毎に入れるごみが決まっています。
・茶色または緑のトンネ
バイオトンネとも呼ばれ食べ残しや生ごみをいれます。
・青色のトンネ
新聞紙、雑誌、ダンボール等のリサイクル紙資源をいれます。
・黄色のトンネ
プラスチック、缶詰、空き缶、牛乳パック等青色トンネに属さないその他のリサイクル資源をいれます。
・黒色のトンネ
分別のわからないものは全ていれてOK。
他にもリサイクリングホフといってごみを持ち込める回収所があります。粗大ごみや電化製品などを持ち込めます。

高い水準のリサイクル率が保たれる訳

日本のごみの分別は出す日もその出し方も細かく決められて、出す私達にしっかりとその分別を守る事が委ねられています。それに比べてドイツの分別は4つの分類しか出す方に求められず、ごみを出す日も自由です。
海外から来た居住者にとって日本のごみの分別は細かすぎて慣れるのに苦労すると聞きます。もしかしたら分別に困って、本来リサイクルされるべきものまで可燃ごみとして出してしまう事に繋がっているかもしれません。
それに比べてドイツは細かい分別を国民に委ねません。シンプルに4つにさえ分けて、しっかりとリサイクルマークのごみを出しさえすれば、後は国がしっかりと分別処理をするシステムなのです。だから誰もがリサイクルごみを出す事を苦と思わず環境の為に率先して実行する事を当たり前と思えるのです。高いリサイクル率が保たれる理由はその秀逸なシステムと国民に深く根付いた環境に対する意識だといえます。


シェアする

B!